ニュース

愛知連盟からのインフォメーション、更新情報などのニュースをお知らせします
緑化派遣

第13回愛知連盟・韓国ソウル北部連盟ローバース緑化プロジェクト派遣 派遣員募集要項

名称:第13愛知連盟・韓国ソウル北部連盟ローバース緑化プロジェクト派遣

期間:平成31年4月5日(金)〜7日(日) 2泊3日

行先:韓国 ソウルとその周辺

主 催:一般社団法人日本ボーイスカウト愛知連盟 愛知ローバース会議、韓国ソウル北部連盟 ローバースカウト委員会

目的:・植樹を通じた、両連盟ローバースカウトの交流と社会貢献
   ・愛知県緑化推進委員会の「国際協力」活動の一環としての植樹の実施
   ・両国の文化交流

人員:ローバースカウト10名程度、引率指導者(アドバイザー)若干名、その他指導者若干名

費用:1) 派遣経費は1人当たり約8万円が見込まれる。
    航空運賃等の調整が行われた後に参加者負担金が定められる。
    (平成31年から出国税1,000円が課せられることも考慮する。)
   2) 上記費用には、服装・準備訓練等に要する経費、派遣期間中の小遣いは含まない。
    これらは、個人の負担となる。

申込:参加希望者は必要書類を整え、所属隊・団・地区の推薦をうけ、
   愛知連盟事務局へ平成31年1月18日(日)までに申し込む。
   ※申込用紙は日本連盟海外派遣参加申込書とする。

面接:平成31年1月27日(日)午後予定

派遣募集要項(詳細)については下記ファイルをダウンロードしてください。


ファイルイメージ

第13回愛知連盟・韓国ソウル北部連盟ローバース緑化プロジェクト派遣 派遣員募集要項

ACHP2019参加募集

20181128

緑化派遣

愛知連盟ハイアドベンチャープログラム2019 募集要項

名 称:愛知連盟ハイアドベンチャープログラム2019
    Aichi Council High Adventure Program 2019 略称 ACHP2019

テーマ:森の行者 コノハズク ~更なる高みを目指して~

目 的:
奥三河地域の鳳来寺山周辺の山岳トレイルに挑み、高度な野外活動の中での未知なる挑戦、仲間との協力、自然への畏敬の念を養い人格形成と成長を図るものとする。また、フィルモント派遣への関心を高め、更なるプログラムの発展を目指すものとする。

目 標:
・自らの参加目標を明確にして取り組みを実施する。
・自らのスカウト技能や知識を駆使して山岳トレイルに挑戦する。
・仲間との協力により難関な課題を乗り越える力や精神力を養う。
・自然を愛護し、美しいものに感動する豊かな心をもち、自然との共生に感謝する。
・山岳トレイルキャンプを展開し、フィルモント派遣への関心を高め、ハイアドベンチャープログラムの発展と継続性を持たせる。
・隼章を取得し、富士スカウトへの進級を目指す。

対 象:
菊章修得以上のベンチャースカウト(地区が参加にふさわしいと推薦する菊章修得以上とする。)
各地区2~3名  (30名程度を4クルーに編成しプロジェクトに参加する。)
運営スタッフは、ローバースカウトおよび成人指導者20名程度とする。

期 間:平成31年3月28日(木)~31日(日)
    集合 平成31年3月28日 JR飯田線三河大野駅
    解散 平成31年3月31日 ボーイスカウト愛知連盟新城吉川野営場

内 容:
山岳トレイル2泊3日による移動野営と大型構築物のチーム合同制作
参加スカウトのプログラム
・自らの参加目標の設定
・移動野営のスキルや知識の習得
・山岳トレイルのスキルや知識の習得
・大型構築物の制作による、ロープワークの知識と技能の習得
・事前の自己研修と自己訓練の実施、事前集会への参加

会 場:
鳳来寺山、棚山高原、宇連山、新城四谷の千枚田、鞍掛山、岩古谷山を縦走する、東海自然歩道を中心とした奥三河地域の広大なフィールドと愛知連盟新城吉川野営場とする。

参加費:
(1)派遣経費は1人当たり12,000円とし、参加者負担金で運営される。
(2)上記予算には、交通費、装備、事前訓練等に要する経費、派遣期間中の小遣いは含まない。
(3)スカウト30名 支援者20名 合計50名×12,000=600,000- (交通費は実費とする。)
 食材携行食\6,000-(トレイル初日と翌日の朝食を除く、7食分とする)
 プログラム費\4,500-(野営場宿泊料、プログラム消耗品) 記念品他1,500-とする。

参加申し込み
(1)参加希望者は必要書類を調え、所属隊・団・地区の推薦を受け、平成31年1月31日(木)までに愛知連盟事務局へ申し込む。申込用紙は日本連盟海外派遣参加申込書とする。

詳細は、下掲の募集要項参照


ファイルイメージ

ACHP2019募集要項(修正版)

定型外訓練 開催案内

20181117

団委員研修所

平成30年度 愛知連盟定型外訓練 開催案内

【目的】
任務中の訓練の一環として、参加者が当該部門の隊長としての責務を果たすことができるように、実習を通して隊運営に関する基礎的な方法を習得することを目的とする。

【期日】
平成31年2月3日(日)9時00分~16時00分解散(予定)

【対象部門】
ビーバースカウト課程、カブスカウト課程、ボーイスカウト課程

【場所】
ビーバー・カブスカウト課程
 東別院会館(名古屋市中区橘二丁目8-45 TEL052-331-9576)
ボーイスカウト課程
 新城吉川野営場(新城市吉川深沢37-6 TEL05363-4-0267)

【研修概要】
ビーバースカウト課程
(1)ビーバースカウト隊の標準的な隊集会を再認識する。
(2)隊集会実施計画書ならびに隊集会安全対策計画書の作成をとおして、安全で楽しいプログラムを再認識し、その重要性と活用を理解する。
(3)ビーバースカウト隊リーダーハンドブックを再確認する。
カブスカウト課程
(1)カブ部門の基本動作の意義を理解したうえで、指導ができる。
(2)楽しく魅力あるプログラムは、周到に準備された年間計画の上に成り立っていることを理解する。
(3)スカウトがわくわくドキドキする年間プログラムを作成することができる。
ボーイスカウト課程
(1)班長会議の意見を集約し、班長訓練が計画、運営できる。
(2)班長が班集会を運営できるよう班長を支援、指導できる。
(3)班集会の体験を活かすことができる楽しい隊集会を計画、実施できる。

【主任講師】
ビーバースカウト課程 林 由美子(日本連盟副リーダートレーナー)
カブスカウト課程   山内 敏和(日本連盟副リーダートレーナー)
ボーイスカウト課程  石原 拓也(日本連盟副リーダートレーナー) 

【参加資格】
当該部門のウッドバッジ研修所修了者

【定員】
各課程20名(定員を超える時は、参加をご遠慮いただく場合があります。)

【参加費】
2,000円

【申込方法】
愛知連盟開設訓練コースに掲載の申込書、健康調査書にて、平成31年1月11日(金)必着で申し込みください。

【申込先】
一般社団法人 日本ボーイスカウト愛知連盟事務局